学校沿革
学校経営全体計画
学校沿革
クリックすると各ページへとびます。

校長 永山 誉

 

 本校は、本年度108名の新入生を迎え、児童数689名、学級数23学級でスタートしました。また、昨年度本校は、開校50年目を迎え、年間を通して、創立50周年の記念行事が実行委員会を中心に、PTAや地域の方々のお力添えをいただき開催されました。昨年度は、子どもたちにとっても特別な1年になったのではないかと思います。今年度は、大東小学校のこれからの50年のスタートの年として、また、「平成」の時代から「令和」の時代へとかわる節目の年として、特別な1年となりそうです。本年度、この節目の年を新たな大東小学校のスタートの年とし、これまでの大東小学校の教育を深化・発展させたいと考えています。

 本校では、「かしこく なかよく たくましく−自ら学ぶ意欲をもち、社会の変化に主体的に対応できる 人間性豊かな児童の育成−」を学校教育目標とし、「みんなキラキラ さわやか笑顔の大東小を目指して」をキャッチフレーズに、
○温かい心が通い合い、子どもたちに豊かな心を培い、夢と希望を育む学校
○一人ひとりのよさを見つけ、よさを伸ばし、毎日の授業や教育活動を創り出していく学校 ○家庭や地域社会と共に歩み、協働し合う開かれた学校
の実現を目指していきたいと考えています。
 どの子どもたちも、「学びがい」があり、保護者の方々すべてが大東小学校に、「通わせがい」があり、そして、教職員すべてが、「働きがい」のある、三拍子そろった学校を目指します。
 このような学校を築くためには、学校経営の基本として、教職員の力を結集して、学校力を高めていきたいと思います。また、全校の子どもたちを全教職員で指導する姿勢をもち、一人ひとりを大切にした温かな学級づくりを基盤にして、「すべては子どもたちのために」をモットーに必要な時に必要な支援をいたします。発達段階によって、また一人ひとりの児童の実態に応じて「手をかけ、声をかけ、目をかける。」など個に応じた指導を心がけます また、学校教育目標とする「かしこく、なかよく、たくましい子」を育成するための、今年度大きく4点を指導の重点として設定しました。
 1つ目は、「授業力の向上と確かな学力の育成」 2つ目は、「豊かな心と健やかな体の育成」 3つ目は、「安心安全な教育環境の整備」 4つ目は、「開かれた学校づくりの推進」です。それぞれについて、さらに細かく具体的な内容を設定していますが、具体的な内容につきましては、グランドデザインを御覧ください。  

 学校、家庭、地域社会どれも子どもたちを成長させる大切な教育環境です。それぞれの役割を果たしながら、共に連携し合って子どもたちの成長を見守っていければと考えます。保護者、地域の皆様には、今後とも学校教育への御理解と御協力をお願いいたします。
研修